diary

どうにも仕上げが間に合わない。

他のことは滞りなかった、んだけど。
diary

本日お休み。

やっぱりお出かけはちょっと辛そうだったので。
diary

トラブル発生につき。

27日の夜は、透析をほとんど出来ませんでした。
cinema

『峠 最後のサムライ』

江戸から明治の狭間で、新時代を許容しながらも武士としての矜持を貫こうとした男がいた――司馬遼太郎の小説を、『雨あがる』の小泉堯史監督が重厚なトーンで映画化。
diary

暑すぎて水分が抜ける。

透析患者だから実感する、ここ数日の凄まじい暑さ。
cinema

是枝裕和監督×世界最強の顔面力。

是枝裕和監督が韓国のスタッフ、キャストとともに撮影した最新作、《赤ちゃんポスト》に残された赤ん坊を売る旅の顛末を描いた『ベイビー・ブローカー』をTOHOシネマズ日本橋にて鑑賞。監督で撮ってもしっかりと是枝作品。
cinema

『エリザベス 女王陛下の微笑み』

英国史上最長70年にわたって在位するエリザベス女王。ロジャー・ミッシェル監督が多くの記録映像から、その聡明さと魅力を描き出したドキュメンタリー。
diary

惜しかった……。

 透析中は少々攻めすぎて、色々とギリギリになってしまい作業できず。体重の増えが少なかったので、2時間半で切り上げたあと、急ぎ片付けを済ませ、部屋に戻ってから急いで映画感想を書き進めた。  わりと短めに上げられそうだ、という予感通り、いいと...
cinema

『有吉の壁 カベデミー賞 THE MOVIE』

有吉弘行MCの人気番組でも特に評価の高い無茶振り企画がまさかの映画化。卓球界の熾烈な戦いを描く『ドライブ・アイ・サー』、ある男の奇妙な日常を追う『万引き裸族』など、芸人がアドリブで口にした内容をそのまんまかたちにした4作品を上映。
cinema

たとえ逆賊の汚名を着るとも。

新宿ピカデリーにて、幕末の長岡藩を率いて官軍と戦った河井継之助の姿を描いた『峠 最後のサムライ』を鑑賞。ちょっと黒澤映画を意識しすぎてる気はしますが、重厚感のある佳作。
タイトルとURLをコピーしました