cinema

cinema

沈黙が作り出す悲劇のパズル。

《ガリレオ》シリーズ9年振りの復活、沈黙により罪を免れた男を見舞った死の謎に湯川たちが臨む『沈黙のパレード』を鑑賞。ドラマのらしさと、劇場版ならではの複雑なプロットと重い背景が調和した秀作でした。
cinema

記憶のなかの歌はビートルズ。

今コマの午前十時の映画祭12、終了ギリギリに名作ドラマ『レインマン』を鑑賞。いまさらながらあることに気づく。
anime

団地でサヴァイヴァル。

2日連続のアニメ映画鑑賞、きょうはスタジオコロリド最新作、取り壊し寸前の団地での冒険を描いた『雨を告げる漂流団地』……最高でした。
anime

ふたたび時を越える穴のなかへ。

入ると時間の代償に欲しいものが手に入るトンネルを見つけた少年少女のジュヴナイル『夏へのトンネル、さよならの出口』を鑑賞、隙がなさすぎて余剰が物足りない、けれど間違いなく良品。
cinema

『パトニー・スウォープ』

想定外の経緯で広告会社の後継者に選ばれたパトニー・スウォープは、型破りな経営方針と広告戦略で世間を騒然とさせる――伝説のカルト・ムービーが半世紀を経て日本公開。
book

『ドライブ・マイ・カー』

妻を喪って以来、抜け殻のようになった演出家と、その愛車の運転を託された女。旅路の果てに彼らが赴くのは――? 村上春樹の小説を映画化、アカデミー賞国際映画賞など数々の賞に輝いた名品。
cinema

この新幹線、殺し屋ばっかり乗ってくる。

伊坂幸太郎の小説をブラッド・ピット主演にて映画化、新幹線のなかで繰り広げられる暴力と陰謀の交錯をユーモア豊かに描いた『ブレット・トレイン』を鑑賞。想像以上にイってます。
cinema

穴があったら入りたい映画。

フランスで大ヒットとなった奇妙な映画『地下室のヘンな穴』を鑑賞。想像とはまた違った奇妙さ。
book

『ナイトメア・アリー』

見世物小屋で習得した技術を用いて成り上がっていった男は、思わぬ罠に嵌まっていく――伝説の小説をベースにギレルモ・デル・トロか監督が織りなす、甘美なる悪夢のドラマ。
cinema

「ウソだろ……」

ジョーダン・ピール監督の最新作、渓谷の牧場を襲う未知の脅威を描いた『NOPE/ノープ』を鑑賞。お馴染みのモチーフを新しい切り口で描いた、見応えある傑作。
タイトルとURLをコピーしました