diary

cinema

23年ぶりに、ジョン・Gを探しに行く。

クリストファー・ノーラン監督の出世作、長期記憶が出来なくなった男が、妻の敵を探して駆け回るサスペンス『メメント』の再上映を鑑賞。2度目だとやや怠いけど、しかし間違いなく緻密で刺激的。
cinema

爆笑問題withタイタンシネマライブ#88 at TOHOシネマズ日比谷。

今回のゲストは納言、ヤーレンズ、そしてハリセンボン。プリンプリンはいなかった。
book

孤独な魂が響きあう。

山田太一の小説を、イギリスを舞台に移し再映画化した『異人たち』を鑑賞。加えられたもうひとつのテーマが効いて、優しくも切ない物語に昇華されている。映画としても美しい。
diary

開けるなよ? 絶対に開けるなよ?![レンタルDVD鑑賞日記その841]

今回鑑賞したのは『封印映像67 イザナミの呪い』。……正直、この題材は、採り上げない方がよかったと思う。オカルト的な意味合いでなく。
diary

気温の変化に弱い……。

地味~に体調を崩しておりました。
cinema

この少年がのちのアカデミー賞俳優である。

午前十時の映画祭14の2本目はシリーズ第2作、インドの秘境を舞台に冒険を繰り広げる『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』を鑑賞。幼いキー・ホイ・クァンが効いてます。
diary

異臭の正体がアレだ、と思うととっても厭。[レンタルDVD鑑賞日記その840]

久々に借りた怪奇ドキュメンタリーは『心霊闇動画80』。でもこのシリーズは相変わらず、発表のペースくらいしか褒めるところがない。
anime

ハシゴ、っていうより自主的2本立て。

塚原重義監督が10年の抗争の末に完成させた『クラユカバ』と、その世界観に連なるスピンオフ『クラメルカガリ』をまとめて鑑賞。色々と出しっぱなしの作りだけど、和風スチームパンクの雰囲気と様式美は最高。
book

時間を潰しすぎた。

池袋で診察を受けていたはずなのに、何故か小泉八雲のお墓を訪ねていた。
cinema

沈黙と官能の調べ。

19世紀に生きるひとりの女性の運命とその逞しさを、美しい映像と印象的な旋律で綴る『ピアノ・レッスン 4Kデジタルリマスター』を鑑賞。確かに時代の先駆け。