diary

cinema

闇の前の儚い輝き。

午前十時の映画祭12上映作品、ナチス台頭直前のベルリン歓楽街で繰り広げられるドラマを歌とダンスで彩るミュージカル『キャバレー(1972)』を鑑賞……背景からすれば当然だが、華やかだけど不穏な傑作。
diary

それは“シミュラクラ現象”である。[レンタルDVD鑑賞日記その790]

今回は『呪いの黙示録 第六章』を鑑賞。展開として面白く、凄味があって良し……見出しの件は気になったけどな!
anime

善良と狂気のハシゴ。

今日いっぱいで新宿武蔵野館では終映となる『マッドゴッド』を押さえるついでに、少女漫画をベースとした『金の国 水の国』を観てきました……頭が変になる組み合わせだった……。
diary

出方にもっとバラエティが欲しいのです。[レンタルDVD鑑賞日記その789]

演出交代から3本目の『心霊闇動画66』を鑑賞。でも、感じが交代前にちょっと戻っちゃった気がします。
diary

慌てない慌てない、ひと休み。

筋肉痛が治まらなかったので。
diary

そりゃあ筋肉痛にもなるさ。

雪の降るなかの松江旅行で、まあまあなダメージを負っております。
diary

松江旅行2023冬、最終日&拾遺。

最終日はただ帰るだけ……と思ってましたが、思わずやってしまった。
diary

松江旅行2023冬、2日目。

1日自由に動ける日、ですが、ほぼほぼ雪、というか吹雪。
diary

松江旅行2023冬、準備期間および1日目。

イベントの予定はなくなったけれど、3年ちょっとぶりの松江の空気を味わいにやって来ました……寒波のただ中だが!
diary

軽パニック。

予定は決まった時点で記録しておかなきゃ駄目です。
タイトルとURLをコピーしました