東京03リモート単独公演「隔たってるね。」

 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、この春の東京03単独公演の序盤が中止或いは延期になり、私がチケットを押さえていた恵比寿ガーデンホールでの公演は完全に中止。これは毎回恒例の追加公演を観に行くしかないかなー、ていうかそもそも公演出来るようになるのかなー、とあれこれ思いを巡らせてたら、リモートで単独公演を実施するとの告知が。非常事態宣言によって仕事がなくなった飯塚さんが暇を持て余して趣味でリモートによるネタを執筆、作家オークラの薦めにより急遽、本日19時よりYou Tubeの東京03第2チャンネルにてライブ配信することが決定したのです。
 たぶんアーカイブも出るのではないかな、と思いつつ、このところ生で観るのが毎回だったので、やっぱり観るならリアルタイムでしょ、と直前からしっかり待機して、最初から最後まで生で鑑賞しました――いつもは夕食の時間なんですが、母には待ってもらいました。

 正直、ここまでかっちり作ってくるとは思いませんでした。
 東京03の単独公演は複数のネタがあって、合間に主題歌や収録による映像ネタを挟み込む、という構成になっている。今回は4本ネタを用意してる、という情報は入ってましたが、恐ろしいことにこの幕間のネタや映像もしっかり準備されていた。突貫らしく、イラストネタはプリンタから直と思しい刷り出しを使ってましたが、その手作り感はむしろ、リモートスタイルでのライブに似つかわしい。
 ネタ自体も、まるで前々から考えていたかのように、リモートの特性をきちんと活かしている。わざと画面から消えてみたり、準備したイラストを同時に表示させたり、とライブでは出来ない趣向も多々採り入れていて、実験的表現が好きな私はもおただただゾクゾクしてました。特に大トリの趣向は一見の価値ありだと思う。
 終了後の挨拶で、アーカイブに残すことは考えてなかったけど、と仰有ってましたが、これは残しておいて欲しい。そしてあとからでも是非観て欲しい。想像してる以上に、ちゃんとした単独ライブです。しかもライブのお約束であるエンディングテーマは、東日本大震災直後のライブで披露された『今日はよかった』の「隔たってるね。」ヴァージョン。こういう時期に聞くと沁みる名曲を、自粛期間中に上達したという角田さんのギターと、こちらもリモートで参加のドラムのみ、という編成で演奏していて、こちらも極上。
 さっき確認してみたら、きちんとアーカイブの配信がされていました。下にリンクを置いたので、お暇な方はご覧ください。個人的にはソフト化されても買う。そのくらい面白かった。

東京03リモート単独公演「隔たってるね。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました