avengers

avengers

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(字幕・3D・Dolby CINEMA)』

ヒーローを失った王国を襲う新たな災難。葛藤の果てに、人びとが見出す希望は如何に――MCUの新境地を拓くシリーズ第2作。
avengers

『ソー:ラブ&サンダー(字幕・3D・Dolby CINEMA)』

宇宙の神々を次々に手にかける《神殺し》と戦うのは、自分探し中の雷神ソーと、新生《マイティ・ソー》。MCU最多となる、シリーズ第4作。
avengers

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(字幕・3D・Dolby CINEMA)』

アベンジャーズ最強の魔術師が、《マルチヴァース》の罠に落ちる――無限の可能性のなかから、ドクター・ストレンジは少女を救うことが出来るのか? サム・ライミ監督が自らの作家性を発揮して奔放に描き出す、マーヴェルの新次元。
avengers

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(字幕・Dolby Cinema)』

自らに被せられた汚名を晴らすため、《マルチヴァース》の扉を開けてしまったピーター・パーカーの前に現れたのは、彼の知らない“ヴィラン”たちだった――万感の想いをこめた、MCU復帰後第3作。
avengers

『エターナルズ(2021・字幕・TCX・Dolby ATMOS)』

有史以前から人類に影から寄り添い、最強の捕食者と戦い続けてきた《エターナルズ》。サノスの脅威が去ったあとで、彼らは新たな地球滅亡の危機と対峙する――オスカー監督クロエ・ジャオが描く、新たなマーヴェル・ヒーローの伝説。
avengers

『シャン・チー/テン・リングスの伝説(字幕・IMAX with Laser)』

暗殺者として育てられながらも組織を抜け、アメリカで普通の青年として暮らしていたショーンことシャン・チー。しかし、組織の長でもある父の妄執が彼を逃がさなかった――マーヴェルと武侠が邂逅を遂げた新世代アクション。
avengers

『ブラック・ウィドウ(字幕・2D)』

追われる身となったナターシャ・ロマノフが臨んだミッションが、彼女を過去と対峙させる――《アベンジャーズ》に初期から参加し多大な貢献をした孤高のスパイの背景を描いた、待望の単独作品。
avengers

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(字幕・2D)』

ようやく待望の修学旅行に出かけるが、その行く先でまたしても事件に遭遇してしまうピーター・パーカー。友人たちの想い出を守るために奮闘する彼を、予想外の運命が待ち受ける――MCUフェーズ3の掉尾を飾る、《スパイダーマン》第2幕。
avengers

『アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕・3D・IMAX)』

サノスに屈辱的敗北を喫した《アベンジャーズ》、しかしインフィニティ・ストーンの影響を免れた男の帰還を契機に、猛反撃に出る――2008年の『アイアンマン』から始まるサーガ、10年越しで到達した圧巻、そして万感のクライマックス。
avengers

『キャプテン・マーベル(字幕・3D・IMAX)』

惑星ヘラの戦士であった女・ヴァースは敵を追ううちに地球へと墜落する。だが、初めて訪れるはずのその地には、彼女の失われた記憶と呼応する記録が幾つも残っていた。果たしてヴァースとは何者なのか……? 『アベンジャーズ』第4章の鍵を握るヒーロー誕生を巡るミステリアスな物語。
タイトルとURLをコピーしました