cinema

『プロジェクトV(字幕)』

テロ組織につけ狙われるVIPを救出するため、民間の国際警備会社《ヴァンガード》のチームが世界各地を駆け回る――長年に及ぶスタンリー・トン監督×ジャッキー・チェン主演のタッグが、新世代の才能たちとともに贈るアクション・エンタテインメント大作。
cinema

私たちにはまだ、ジャッキー・チェンが必要だ。

 予告通りにきょうは映画鑑賞です。  ただしその前に、バイクを点検に出してくる、という野暮用がある。10時半に預け、そこから歩いて御徒町方面へ向かい、映画館――の前に、ちょっと早めの昼食を摂るべくラーメン店へ。ふだんは列が長く、敬遠しがち...
diary

ネタを仕込む余裕もなかった。

 きょうはいつもと違う展開があったため、何だかんだで余分のことをする時間がなくなってしまった。午後の用事の合間に、また映画コラムをまとめてみようかしら、と考えたものの、けっきょくはそんな余裕もなかった。  先月もまあまあバタバタしておりま...
cinema

映画館通い再開は、イーストウッドから。

 ようやく、よーーやく、映画館の営業が再開しました。未だに感染拡大は終息に至らず、座席はまたぞろ市松模様、21時で上映も終了、と制約はありますが、とにかくまた大きなスクリーンで楽しめるのが嬉しい。  しかし悩ましいのは、観る作品が多すぎる...
diary

いまさらだけど、追悼チック・コリア。

 今年の2月9日に、ジャズピアニストのチック・コリアが亡くなりました。  貪るように聴きまくってる、というわけではないけれど、ジャズでも好きなミュージシャンが何人かいて集中的に聴いている私にとって、初めて手に取ったタイトルがチック・コリア...
cinema

『マカロニウエスタン 800発の銃弾』

マカロニウエスタンの撮影に用いられたスペインの集落が消滅の危機に。ウエスタン・ショーのスタントマンたちは、ふだんは空砲を詰める拳銃に実包を装填し、大企業に挑む――。スペインの異才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督がマカロニウエスタンにオマージュを捧げた狂乱活劇。
cinema

現実は、西部劇みたいにはいかない。[レンタルDVD鑑賞日記その714]

 本日は月額レンタルのDVDで映画鑑賞……少し消化を急ぎすぎてたきらいがあったので、届いてから寝かせてました。スペインの異才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督がウエスタンにオマージュを捧げた娯楽作『マカロニウエスタン 800発の銃弾』(...
cinema

『アーミー・オブ・ザ・デッド』

ゾンビの襲来により隔離されたラスヴェガス。その金庫に眠る、もはや誰のものでもない大金を狙った潜入作戦は果たして成功するのか? 現場を退いていたザック・スナイダー監督が出世作『ドーン・オブ・ザ・デッド』以来に手懸ける、新世代ゾンビ映画。
cinema

ザック・スナイダー復活。

 午前中は3ヶ月にいちどの定期診察のため池袋へ。ここに立ち寄るときは、ついでに西武屋上にてうどんを食べていくのも愉しみのひとつなんですが、西から順繰りに迫ってきた大雨のために断念。地下で売っている持ち帰り用の生麺とつゆを購入して、あしたに取...
diary

きょうも何にもないのです。

きょうもとりとめもなく。東京03単独公演のオーディオコメンタリーに、あと映画はどうした?
タイトルとURLをコピーしました