『秘密結社 鷹の爪 カウントダウン』第1回

 来年公開されるらしい最新作に備えてなのか、深夜に30分枠で新作登場。いつの間にか大学に進んでいた古墳ギャル・コフィー第1話と、久々のシリーズでモチベーションが上がらない鷹の爪団団員のためにどっかで観た人がアドヴァイスにやってくる秘密結社 鷹の爪第1話『キセキ』の2本立て。

 本筋は相変わらずの小ネタ尽くし、“Go to Hell”とか“最終回なのに曖昧な感じで、続きは映画版で”とか解り易くもちょっと危ない台詞が繰り込まれるのが愉しい。

 でもこのアニメ、ぶっちゃけ中身よりも外枠のほうが面白かった。提供紹介のところでサントリーは行き違いで提供してません、でもスポンサーになって欲しいので勝手に宣伝します、という前代未聞の展開のうえに、CMパートも全部鷹の爪団にやらせてしまう。深夜アニメではお約束の、放送作品のDVDを宣伝するアレでさえこの番組ではちょっと趣が異なります。

 そしてOP・EDのクオリティの高さにもまた驚かされます。OPの依布サラサもいーんですが、度胆を抜かれたのはEDのほう。一貫して蛙男商会作品の音楽を担当しているmanzoが歌っている! しかもけっこう曲がいい! OPのCDもちょっと買いたくなってますが、EDのほうはもっと欲しい。意外なアタリを引いた気分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました