『電脳コイル』第22話 最後のコイル

 緊急事態。電脳空間フォーマットのため大黒市全体に眼鏡の使用停止例が発令されるなか、勇子は黒い新型オートマトンに襲われる。すんでのところで優子が助けに入ったが、勇子の心は無力感に覆われてしまった。そんな彼女に、京子がデンスケを助けて欲しいと頼み込む。気づけばデンスケは、ペット会社から“修復不能”を通知されていたのだ。勇子にも壊れかけたペットの修復は容易ではなかったが、調べ始めて彼女は、ある秘密に気づく……

 残っていた伏線が急速に融合する快感、同時に加速していくサスペンス。作画的には若干不安要素も目につくのですが、もうそういうことさえほとんど気になりません。面白い、面白すぎるぞちくしょー。

 序盤での遺恨が、ここでの優子と勇子の微妙なやり取りに繋がる脚本の妙も巧みで、ストーリー的にはまるっきり文句のつけようがありません。中盤で突如姿を現したタケルも微妙に絡んできて、まだ波乱の芽を残しているのも絶妙。

 さて残すところあと数回、いったい物語はどこへと着地するのか――と思ったら次回は総復習ですかこの期に及んで! まあ付き合うけどさあ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました