『モップガール』EP:4

 今回、桃子たちが派遣されたのは、ストーカー殺人の果てに自ら命を絶った男の後始末。しかし例によって過去に戻されてしまった桃子は、被害者となったメイド喫茶店員の命を救うためにまたしても立ち回ることに。当初、ストーカーとなった小説家に殺人を思い留まらせるべく行動に出た桃子だったが、あとを追うとどうも雲行きが怪しい。メイド喫茶店員の彼氏はどうも、彼女に金をたかっているようなのだが……

 もともと不備の多いシリーズでしたが、今回は秋葉原とかメイド喫茶とかライトノベル作家のストーカーとか個人的に馴染みのある素材が並んでいるだけ余計に引っ掛かるところが多い。これはこの番組に限ったことではありませんが、どうもオタクとか周辺業界に持っている変なイメージをそのまんま話に組み込もうとするのはそろそろやめてくれんもんか。ギャグとして有効利用するならまだしも、今回はそういう意味でもちょっと寒かった。

 モチーフ以外でも、事件発覚当日にそこまで詳細な情報が流れることは基本的にあり得ないとか、この出来事の流れがどう繋がれば最初の“ストーカー殺人”という展開になったのかがまったく不明である、とか問題点が多いのは相変わらず。しかし終盤の描写の奥行きだけは前回といい今回といい悪くないので、どうも憎めないのだなあ。命を救われた女性の最後の台詞や、関係者たちの心模様の描き方などは出色でした。マイナス点も多いですが、相変わらず表情豊かな北川景子や駄目人間ぶりが妙に憎めない谷原章介といった主要登場人物たちに、前述のようなドラマ的な巧さなど、評価できる部分も多いので、もう一歩配慮してくれればいいドラマになると思うんですけど……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました