『モップガール』EP:3

 疑惑の渦中にある女性代議士・根岸さゆりが、テレビで生中継された記者会見の真っ最中に、仕掛けによって殺害された。警察の依頼で清掃のために現場入りした桃子は、またしても過去に舞い戻る羽目に。みたび大友の力を無理矢理借りて、阻止のために奔走するが、代議士同士の複雑な三角関係が絡み、犯人の見定めが効かないなかでの工作は難航する……

 相変わらず色々と無茶苦茶ですが、こんがらかった人間関係が醸し出すユーモアと、桃子達の個性がうまく絡みあって、観ていて楽しいことも相変わらず。いよいよ原作からはかけ離れていっていることも、状況設定が非現実的であることも、もうそういうものだと承知しているので気にはなりません。

 それにしても主演の北川景子はなかなかの拾いものだったかも知れません。どんどんコメディエンヌとしての存在感を増しています。シリアスもコメディも見事にこなす谷原章介と充分に渡り合い、それでいて表情はキュート。ラストシーンなんか、下品と愛らしさの中間をきちんと押さえて非常に印象的でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました